日本最大級のガールズポータルサービス
【放課後♡ 部活ラブ】弱ったツンデレPGと2人っきりの部室♡

2016.05.11 更新

【放課後♡ 部活ラブ】弱ったツンデレPGと2人っきりの部室♡

Category:エンタメ

STORYを最初から読む♪

160420_houkago_make_top_320

 

 

 

STORY4

 

私はコートの横でぼんやりとみんなが練習試合しているのを眺めていた。

 

ってかなんでいきなりバスケ部!?……なんて思ってる間もなく、マネージャーとしての仕事を任されてしまっている。

今だってただ眺めているだけじゃなくて試合のスコアをつけてる。

ちゃんとできてるかは不安だけど。

 

はぁ……と小さくため息をついた時「危ない!!」と言う部員の声がしたと同時に誰かが倒れこんだ。

どうやらジャンプシュートを打った時にディフェンスの人とぶつかってしまったみたい。

 

急いで駆け寄ると、ポイントガードのれい先輩が膝を抑えて倒れていた。

 

「れい先輩!! 大丈夫ですか!?」

「……っ、これが大丈夫に見える? 立てないから早く肩貸して」

 

こんな時でもツンツンしているれい先輩。

なぜかいつも私にだけ当たりが強いんだよね……。

でもたまーに優しい時もあって…これが噂のツンデレ男子か! って感じ。

 

160511_houkago_make04_01

 

そしてれい先輩はかなりの自信家で、自分が一番可愛いと思っている。

いつも鏡見てるし、かっこ悪いところを他人に見られたくないのか、部活中にこけたりしても涼しい顔をしている。

そんなれい先輩が肩を貸してほしいというくらいだから相当痛いみたい……。

 

「とりあえず部室で手当てしましょう!……部室まで歩けますか?」

「それくらいならいけると思う」

 

そして私はれい先輩に右肩を貸して、部室までゆっくりと歩いて向かった。

 

「ってぇ……。倒れた時に膝痛めたっぽい、これ」

「応急処置したらそのまま病院行きますか……?」

「病院行くほどではなさそう。まだ腫れてきたりもしてないし」

「そうですか……?」

 

そう言いながられい先輩の膝を覗き込むと、れい先輩の言う通り見た目に目立った異変はなかった。

よかったと思い顔を上げると目の前にれい先輩の顔があった。

 

160511_houkago_make04_02

 

「……っ!!」

 

「そんな離れられたら歩きにくいんだけど。ってか僕が可愛いからってそんなに見つめないでくれる?」

れい先輩は一瞬ジッと私のことを見つめてそう言った。

一瞬だけどれい先輩と見つめ合ってしまった……なんか照れる……。

 

「亜衣、耳真っ赤だけど、どうしたの?」

「どうもしてませんよ!?」

「ふーん……僕に見つめられて照れちゃったって正直に言えばいいのに」

「……っ!」

「素直じゃないね」

 

素直じゃないなんてツンデレのれい先輩には言われたくない……!

そんなことを思いつつ部室に入ると、早速応急処置を始めた。

 

「……あれ?」

「へたくそ。やる気あんの?」

「あ、あります! ちょっと関節は苦手なだけです…」

 

さっきのこともあってか変にれい先輩を意識してしまって手当てが上手くいかない。

そもそも膝というか関節の手当てって意外と難しいんだよね……。

何度かやり直してようやくきちんとできた。

 

「これでどうですか!」

「……うん、いい感じ。ってかさ」

れい先輩はそう言いながらなぞるように私の右の頬に触れた。

 

160511_houkago_make04_03

 

「亜衣っていつもアイメイクとかしてたっけ?」

「い、いえ……」

 

今日はたまたま蘭にアイメイクを教えてもらって、そのままにしてたんだった。

 

「いつもより目元がくっきりしてる……似合ってるけど、調子狂う」

ハッとなって赤くなっている、れい先輩。

 

2人の間にしばしの沈黙がはしる。

え! れい先輩が赤くなってるのを初めてみた。褒められた!? 嬉しい……!

 

「……やっぱ前言撤回、似合わない」

「えっ!? そんな~! ……ってえ!!」

 

スコーン

 

勢いよく立ち上がったせいで頭上にあった棚に頭をぶつけてしまった。

そして私はまた、意識が遠のいていった。

 

――………
――……
――…

 

STORY4 END

 

 

 

目もとの輝きは乙女の印

↓お手軽目ヂカラアップ術!!↓

 

houkago_make10_08

朝、時間がない子向けの時短テク

↓こちらからチェック↓

 

160420_houkago_make06_320

まだまだ放課後は続く……次はどんなメイクで恋をする?

 

STORY1

彼のハートを射止めるリップをつける

 

160420_houkago_make01_320

 

 

STORY2

チークをつけて愛され女子になる

 

160420_houkago_make02_320

 

 

STORY3

ファンデーションを塗って彼にアプローチ

 

160420_houkago_make03_320

 

 

STORY5

ナチュラルなマスカラでモテ女子に

 

160511_houkago_make05_320

iクラメンバーズ限定プレゼント!

プレゼント

応募受付は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました!

0
LOVE
みんなの「LOVE♥」で人気記事ランキングをつくろう!
  • twitterボタン
  • Facebookボタン
  • mixiボタン
  • LINEボタン
  • 『今日のタメ口英語』にYouTuberめがねが挑戦!
  • Moonちゃんのフォトアート講座@PicsArt特別編
  • クリエイター系女子大募集
  • TCFクリエイター紹介
魔法のiらんどMAGAZINE NEWS
  • 魔法のiらんどMAGAZINE TWITTER FOLLOW US
  • TCFクリエイターの連載一覧
今週の人気記事ランキング!
タグ一覧
  • 現在、応募できるプレゼントはこちら
  • 企業・法人向けお問い合わせフォーム プレスリリース等のご送付もこちら
PAGE TOP